千葉県内にある道の駅のことなら

きみつふるさと物産館

 

今回は、「きみつふるさと物産館」についてご紹介します。
県道24号線沿い、君津市笹にある片倉ダムの真ん中に佇む道の駅です。
近くには人気の観光スポット「清水渓流広場(濃溝の滝・亀岩の洞窟)」があり、そこへの観光客などがよく立ち寄っているようです。
平日で時間的にも午後3時を回っていたためか、自分たち以外のお客さんの姿はほとんどありませんでしたね。
施設前の広場では「三条刃物」と書かれたのぼりがはためいていて、行商のおじさんがハサミやナイフなどいろいろな刃物を販売していました。
中に入るとまず山積みの卵が。

 

 

「永光卵」という君津のブランドエッグらしいです。

 

 

その永光卵を使ったというプリンもありました。

 

 

120円のプレーンの方を買って食べてみましたが、まあ普通に美味しかったです。
新鮮野菜があるとの口コミを見て、野菜を買って帰るつもりで寄ったのですが、このところの凶作のせいか、それとも時間が遅かったからなのか、他県産や外国産の野菜がメインで買いたいものがなかったのは残念でした。
あとは土産品や地元の加工品、手作りのお惣菜やお餅などがちらほらとありましたね。

 

 

見学しそびれてしまいましたが、軽食コーナーではソフトクリームや蕎麦などが食べられるようです。
きみつふるさと物産館は全体的に小規模で素朴な印象でしたね。

 

ここに来る前に「清水渓流広場(濃溝の滝・亀岩の洞窟)」にも行ってきたので、簡単にご紹介します。
休日ともなるとかなり混雑するみたいですが、この日は平日だったのでかなり空いていましたね。
これは本命の亀岩の洞窟にたどり着く直前の眺め。
穏やかに水が流れています。

 

 

平成23年に市民から寄贈されたという「幸運の鐘」です。

 

 

これが上からみた亀岩の洞窟。色合いがなんとも美しい!

 

 

この洞窟、遥か昔の江戸時代に水田を作る目的で人が掘ったというから驚きです。
階段を下りて正面から撮影したのがこれですが、この洞窟の後ろから朝陽がさすとハートの形が現れるんだとか。

 

 

それも3月と9月だけの限定らしいです。
機会があればその時期にまた訪れたいと思います。