千葉県内にある道の駅のことなら

とみうら枇杷倶楽部

 

今回は、「とみうら枇杷倶楽部」についてご紹介します。
冨浦ICから館山バイパスを内房に向かって車で5分ほどの場所にあり、全国道の駅グランプリ2000で最優秀賞を受賞したこともある道の駅です。
外観は個性的でおしゃれな感じが漂いますね。

 

 

農産物直売所「枇杷マルシェ」から中に入ると、地元で採れた野菜やお花が並んでいました。
そのまま直進するとショップコーナーへと続き、冨浦の特産品であるビワを使ったオリジナル商品をはじめ、様々なお土産品が売られています。

 

 

 

こんなかわいい雑貨なんかもたくさんありましたよ。
ショップコーナーを抜けると、正面階下に休憩コーナーが設けられていました。

 

 

その右手がカフェレストランになっていますね。
カフェレストランでは、びわカレーやパスタ、うどんなどの食事、びわの葉茶やびわジュースなどのドリンク、びわソフトやびわパフェなどのデザートなどが楽しめます。
テラス席もあり、ペット同伴もOKだそうですよ。
とりあえず下には行かずそのまま左に進むと、テイクアウトコーナー「びわテラス」が。

 

 

ここでは人気のびわソフトやびわ葉パンなどを、おしゃれなテーブル席か屋外テラスで食べながら、ゆっくりとくつろぐことができます。
来た道を戻り、階下にある休憩コーナーを抜けて外に出てみると、こんな川の畔に出ました。

 

 

 

テーブルとイスもあるので、びわテラスで買ったものをここで食べたり飲んだりするのも良さそうです。
橋の上から川をのぞくと鯉がたくさん泳いでいましたよ。

 

 

餌をもらえると思ったらしく、どんどん集まってきます。

 

 

この日はお天気が良かったので、とても気持ち良かったです。
枇杷倶楽部を後にし、隣にある物産館「とみうらマート」に立ち寄ってみました。

 

 

 

 

1階がおみやげコーナーで2階が食事処になっているようです。
ここでもびわを使った商品をはじめ、海産物の加工品や地酒などのおみやげが盛りだくさんでした。

 

 

表に出ると売店があり、びわアイスクリームやびわソフトクリームが売られていたので、1番人気だという「プレミアムびわアイスクリーム」なるものを注文してみました。

 

 

ジェラートみたいに粘り気があって、ほんのりびわの風味がしてなかなか美味しかったです。
また機会があれば、今度はレストランで食事もしたいと思います。