千葉県内にある道の駅のことなら

八千代ふるさとステーション

 

今回は、「八千代ふるさとステーション」についてご紹介します。
ここは16号線に面したとてもわかりやすい立地にある道の駅で、大型トラックの休憩場所にもなっているようです。
平成9年の開業ということもあって、建物はかなり年季が入っているなという印象でしたね。
この日は平日の月曜日、11時過ぎという時間帯でも結構人がいました。
地元の加工業者で生産されたお漬物やお豆腐、パン、お惣菜など、おいしそうなものが各種そろっています。

 

 

 

特に、鶏ごぼうご飯やお赤飯などのおにぎりにちょっとしたおかずが入ったお弁当が人気のようで、その一角にはひっきりなしに人がいましたね。
野菜については正直なところ、私が行った他の道の駅に比べてそれほど安くはなく、茨城産や神奈川産のものが目立っていたりして、私はあえて買いたいとは思いませんでした。

 

 

レストランは2017年4月にオープンしたばかりですが、お刺身から焼き物、揚げ物、ラーメンなどの麺類、カレー、デザートまでメニューが豊富なのはうれしいところですね。

 

 

最後に手づくりアイスクリームの売店「プチシャンテリー」で、人気の牛乳アイスを購入。
原料の牛乳は都度変わるらしく、店頭に生産業者名が掲示されていました。
アイスクリームも種類が豊富で20種類近くあり、値段は270円から320円まででカップかコーンを選択できます。
ホットコーヒーに牛乳アイスをのせたアイスクリームラテなるものも販売していましたよ。

 

 

牛乳アイスは新鮮な牛乳の風味がさっぱりしていておいしかったです。
この施設の向かいに、こんなお店があったのでついでにご紹介します。

 

 

 

ここでは主に海産物を使った料理も食べられるみたいでなかなか良さそうな感じです。
海鮮焼きの食べ放題なんかもやっているようですね。
またこの周辺に来る機会があれば、ここで食べてみたいです。