千葉県内にある道の駅のことなら

みのりの郷 東金

 

今回は、「みのりの郷 東金」についてご紹介します。
ここは国道126号線、田間交差点からすぐのところにあり、直売所、植木市場、レストランなどの充実した施設が備わっていて、12月中旬から5月中旬までは隣のいちご園にていちご狩りも楽しめるようになっているようですよ。
いちご狩りは10名以上の団体の場合はもちろん、基本予約優先ということなので、休日に行く場合は予約しておいた方が無難かもしれませんね。
制限時間は30分で、料金は冬から春に向かって段々と安くなっていく仕組みみたいです。
そして3歳以下は無料というのは良心的ですね。
さて、まずは正面入り口から本館へ入ると、東金市近郊の朝採れ野菜などが売られている「直売所 東金マルシェ」があります。

 

 

 

ここには野菜のほかに、ウインナーやお餅などの加工食品、手作りパン・惣菜などおいしそうなものが多数そろっていました。
東金市のゆるキャラである「とっちー」のグッズも並んでいましたね。

 

 

奥へと進み東金マルシェを抜けて外に出ると、レストラン&カフェと書かれたお寺のような屋根の建物が見えてきます。

 

 

 

ここ「リストランテ・とっチーノ」では地元の野菜やお米を使ったパスタ料理やポークカツ、カレーなどが楽しめますよ。
続いては本館正面向かって右手にある、小さな売店「みのりキッチン」へ。

 

 

 

ジェラートは千葉の名産品である落花生や焼き芋など、どれもおいしそう・・・
私はフェスタ開催中のいちごシリーズの中から、いちごミルク、主人は東金産の黒豆を使った黒豆ミルクジェラートを注文しました。

 

 

 

かなり寒かったけど、どちらも素材の味がしっかり味わえておいしかったです。
また訪れる機会があれば、今度はレストランでランチ&ドルチェを食べたいと思います。