千葉県内にある道の駅のことなら

水の郷さわら

 

今回は、「水の郷さわら」についてご紹介します。

 

東関道・佐原香取ICから国道356号線に向かって4.5キロほど車を走らせたところに位置する、利根川の畔に作られた道の駅です。

 

利根川を利用したマリーナや水路でのマリンジェットやカヌー、観光船、湿地に住む生き物の観察なども楽しめるみたいですね。

 

フードコートと特産品販売所があるメイン施設の外通路は、雨風をしのげる造りになっています。

 

この日は雪まじりの雨が降っていてとても寒かったので、この設備はとても有難かったですね。

 

とりあえずフードコートの入り口から施設内に入ってみました。

 

 

写真手前から、お食事処あやめ、石窯ピッツァ&カフェ温々(ぬくぬく)、さわら麺処、麺屋桃太郎と4店舗入っています。

 

 

フードコートの奥から撮影したので、実際には中に入るとまず麺屋桃太郎という順番です。

 

あやめは、地元食材を使った昔懐かしい母の味を店内手作りで提供。

 

温々では本格ナポリピッツァを石窯を使って目の前で焼き上げるなど、店内で仕込んだこだわりの洋食が楽しめるそう。

 

さわら麺処は地場の産物と、うどん・そばをセルフスタイルで提供するお店で、麺屋桃太郎では地元野菜をたっぷり使ったラーメンなどが食べられるようですね。

 

・・・どれもかなり魅力的です。

 

フードコートを抜けるとそのまま特産品販売所へとつながっています。

 

 

ここは主に主婦層のお客さんが結構多くてなかなか活気がありました。

 

こんな大きいブロッコリーや大量に詰められたキュウリなど、どれも安くて新鮮です。

 

 

 

すぐお隣の茨城県産のキャベツや茸も。

 

 

 

稲わらが売られているの初めてみました。

 

 

他にも卵や手作りパン、ジャム、加工品など、美味しそうなものがたーくさん並んでいましたよ。

 

 

 

 

 

フードコートの温々で作ったナンとドライカレーのセットです。

 

 

手作りおにぎりは種類豊富でめっちゃ美味しそう!!

 

 

 

特産品販売所を後にし、離れにある地域物産館に来てみました。

 

 

目の前には河川マリーナが広がっていて、遠くには白鳥が泳いでいます。

 

 

 

晴れていたらきっと気持ちよかったんだろうなぁ・・・。

 

館内に入ると奥に休憩コーナーが設けられ、佐原や千葉県のお土産がたくさん売られていました。

 

 

悪天候の平日ということで、さすがにここまでは来る人はいないみたいですね。

 

わたしたちの他に、おじさんが一人だけでした。

 

千葉といえばやっぱり落花生ですね。

 

 

 

地元企業の手作りハムやベーコンも。

 

 

水の郷さわらは、買い物・食事・レジャーなど、とても充実していてお勧めですよ。

 

できれば今度は晴れた日に行きたいですね。

 

開館時間

特産品販売所/フードコート
8:00〜18:00

休館日 年中無休(施設点検日等を除く)
公式HP http://www.e-sawara.com/
所在地