千葉県内にある道の駅のことなら

季楽里あさひ

 

今回は、「季楽里あさひ」についてご紹介します。
国道126号線、飯岡バイパス入口から繋がる市道沿いに位置する旭市の道の駅です。
2015年10月の開業ということなので、比較的まだ新しい施設ですね。
平日のお昼前、時々冷たい雨が降るというあいにくのお天気だった割に、お客さんはまあまあ入っていたと思います。
結構大きくて立派なかんじの建物ですね。
それでは早速、直売施設「旬のとれたて市場」から案内したいと思います。
まずは野菜コーナーから。

 

 

どれも新鮮でおいしそうな野菜たちが並んでいますね。
平素から地元の直売所で比較的安価な野菜を買っている私ですが、それをも上回る安さでした。

 

 

ブロッコリーがなんと180円!!
さすがは県内1位の農業産出額を誇る旭市ですね!
野菜以外にも同じく産出額県内1位の豚肉や、水産物、惣菜、パン、お土産など充実の品揃えで、近所に住んでいたら間違いなく通っていると思います。

 

 

直売施設の一角にある売店では、旭市のゆるキャラをモチーフにしたたい焼き風おやつ「あさピー焼き」や、地元の新鮮野菜と旬のフルーツで作るスムージーが販売されていました。

 

 

あさピー焼きは、つぶあん、白あん、ピーナッツのうち、一番好きなつぶあんを注文。
スムージーはミックスベリーを選択して館内の休憩コーナーへ。
あさピー焼きは、まあ普通においしかったです。

 

 

 

スムージーはアイスとホットが選べるということで、ホットにしてみましたが・・・私はダメでした。
ホットスムージーは正直、もう二度と飲みたくないですね(;^_^A
休憩コーナーの奥にはレストラン「四季食彩館」があり、この時は90分のバイキング形式のほか、ラーメンとカレーライスが用意されていたようです。

 

 

私はバイキングが苦手なので、ここはスルーしました。
季楽里あさひは、野菜など食材の買い物をするにはすごくいい施設だなと思います。