千葉県内にある道の駅のことなら

2018/06/12 14:18:12 |
今回は、「道の駅いちかわ」についてご紹介します。2018年4月7日にオープンしたばかりの、現時点では千葉県内で一番新しい道の駅です。こちらも最近開通したばかりの東京外環自動車道・市川北インターのすぐそばにあり、ショップ、レストラン、カフェなどが備わる一般的な道の駅になっています。訪れたのは平日の木曜日でしたが、お昼12時台だったこともあり、普通車の駐車場は既に満車状態でした。空いている大型車の方に2台ずつ駐車している普通車もありましたが、そこまではしたくなかったので、ひとまず他で時間をつぶすことにしました。そして13時台に再び訪れたときには、かろうじて駐車することができましたが、それでもまだか...
2018/03/05 14:28:05 |
今回は、「多古 あじさい館」についてご紹介します。国道296号線と栗山川の交差する多古大橋のたもとに位置し、栗山川沿いに咲く季節の花と田園風景を楽しむことができる道の駅です。到着したのは午後1時半頃だったのですが、まだお昼ご飯を食べていなかったので、まずはレストラン「キッチンTAKO」へと向かいました。多古町の特産品を使ったメニューは全て1,000円以下というリーズナブルさです。私は「季節の野菜天丼セット」、主人は「多古大和芋のとろろ丼」に決定。食券を買って、空いている席に座りました。オープンから3年ほどということで、内装はとてもきれいでしたね。この日はあいにく雨が降っていたので叶いませんでし...
2018/03/03 15:47:03 |
今回は、「道の駅くりもと 紅小町の郷」についてご紹介します。ここは東関道・大栄ICから車で10分ほどの県道44号線沿いに位置する道の駅です。施設名に入っている「紅小町」とはさつまいもの品種名で、この辺りの特産品となっています。さつまいも好きの私としては、訪れるのを最も楽しみにしていた道の駅のひとつです。小雨の降る寒い平日の12時半頃でしたが、結構、駐車場は埋まっていましたね。まずは化粧室目当てに左奥にある食堂側の入り口へと向かいました。ここ「味処いっぷく」では、野菜や豚肉など地元の食材にこだわった定食や丼もの、カレー、そば、うどん、ラーメンなどがいずれも1,000円以下で楽しめます。リサーチ不...
2018/02/27 15:43:27 |
今回は、「水の郷さわら」についてご紹介します。東関道・佐原香取ICから国道356号線に向かって4.5キロほど車を走らせたところに位置する、利根川の畔に作られた道の駅です。利根川を利用したマリーナや水路でのマリンジェットやカヌー、観光船、湿地に住む生き物の観察なども楽しめるみたいですね。フードコートと特産品販売所があるメイン施設の外通路は、雨風をしのげる造りになっています。この日は雪まじりの雨が降っていてとても寒かったので、この設備はとても有難かったですね。とりあえずフードコートの入り口から施設内に入ってみました。写真手前から、お食事処あやめ、石窯ピッツァ&カフェ温々(ぬくぬく)、さわら麺処、麺...
2018/02/23 13:46:23 |
今回は、「発酵の里こうざき」についてご紹介します。こちらは圏央道・神崎IC出口を右折、国道356号線沿いに位置する道の駅で、国道の向こうには利根川が流れており、その先はもう茨城県という立地です。人気の高い道の駅ですが、平日の午前11時前、雪が舞うという悪天候でしたので難なく駐車することができました。まずは正面右手の新鮮市場から。この時期にキュウリが100円って!?他にもカブ、ホウレンソウなど、新鮮でお買い得な野菜たちがいろいろ。こんな特大レモンもありましたよ。色とりどりの生花や素敵な工芸品、美味しそうなお惣菜も。次は楽しみにしていた隣の発酵市場へ。玄関前には大きな木桶がふたつ並んでいます。SO...
2018/02/19 10:59:19 |
今回は、姉妹サイト「千葉の結婚式場紹介サイト・ちば婚」についてご紹介します。このサイトは千葉県内で結婚式場を探しているあなたが、希望エリアやスタイルなどの条件に適った理想の結婚式を叶えることを目的に作ったものです。あなたの納得のいく結婚式場を、できるだけ効率的に見つけられるよう工夫していますので、ぜひ一度ご覧になってみてくださいね。千葉の結婚式場紹介サイト・ちば婚このサイトでは、千葉県内にある結婚式場を6つのエリアと3つの挙式スタイル、3つの志向に分類しています。エリア別では「浦安・舞浜エリア」「幕張・船橋エリア」「千葉エリア」「成田・銚子・東金エリア」「柏・松戸・野田エリア」「内房・外房エリ...
2018/02/13 16:16:13 |
今回は、「きみつふるさと物産館」についてご紹介します。県道24号線沿い、君津市笹にある片倉ダムの真ん中に佇む道の駅です。近くには人気の観光スポット「清水渓流広場(濃溝の滝・亀岩の洞窟)」があり、そこへの観光客などがよく立ち寄っているようです。平日で時間的にも午後3時を回っていたためか、自分たち以外のお客さんの姿はほとんどありませんでしたね。施設前の広場では「三条刃物」と書かれたのぼりがはためいていて、行商のおじさんがハサミやナイフなどいろいろな刃物を販売していました。中に入るとまず山積みの卵が。「永光卵」という君津のブランドエッグらしいです。その永光卵を使ったというプリンもありました。120円...
2018/02/12 15:38:12 |
今回は、「道の駅 保田小学校」についてご紹介します。富津館山道路・鋸南保田ICの信号を左折してすぐのところにある、千葉県内で唯一、廃校になった小学校を改築したという一風変わった道の駅です。これがかなりの人気で、駐車場には埼玉県などからの観光バスや他県ナンバーの車がたくさん止まっていましたね。なんとここ保田小学校には宿泊施設もあるんです。黒板があったり、教室の雰囲気を感じさせるデザインで、2〜4人部屋の個室と5〜15名の大部屋があるとか・・・面白いですね。正面向かって真ん中あたりにある「鋸南百貨店 快」には、地元アーティストとのコラボ商品や特産品が並んでいます。昔の給食で使われていたようなアルミ...
2018/02/11 13:37:11 |
今回は、「とみうら枇杷倶楽部」についてご紹介します。冨浦ICから館山バイパスを内房に向かって車で5分ほどの場所にあり、全国道の駅グランプリ2000で最優秀賞を受賞したこともある道の駅です。外観は個性的でおしゃれな感じが漂いますね。農産物直売所「枇杷マルシェ」から中に入ると、地元で採れた野菜やお花が並んでいました。そのまま直進するとショップコーナーへと続き、冨浦の特産品であるビワを使ったオリジナル商品をはじめ、様々なお土産品が売られています。こんなかわいい雑貨なんかもたくさんありましたよ。ショップコーナーを抜けると、正面階下に休憩コーナーが設けられていました。その右手がカフェレストランになってい...
2018/02/10 15:50:10 |
今回は、「三芳村 鄙の里」についてご紹介します。三芳村 鄙の里は南房総の真ん中あたりに位置する、千葉県内で最も人気の高い道の駅のひとつです。まず、三芳村といえば「日本の酪農発祥の地」なんですよね。北海道でも岩手でもなく、千葉だったなんてちょっと意外だなって思います。後から知ったので私は見てくることができなかったのですが、牛乳やアイスクリームを製造している「みるく工房」の見学もできるそうですよ。館内に入ると人気第一位の牛乳カステラをはじめ、様々な三芳村オリジナル商品が並んでいます。ほかにも千葉の名産品である落花生、びわ、いちごなどを使用した商品や地酒、地元のやきもの工房で作られた器や置物、手芸品...